獣医師 – 千葉seaside動物医療センターリクルートサイト|獣医師・動物看護師採用|千葉シーサイド
entry
エントリー
FV画像

獣医師

veterinarian

第一線で活躍できる獣医師へ

意欲があり、学術的な向上心が高い人材を求めています。
自分が興味のある分野が明確な人にも、各科で学ぶ事で質の高いジェネラリストを目指したい人にも、充実した成長環境が整っている病院です。獣医師一人一人を手厚く育成するため、採用人数はごく少数に抑えており、開院以来獣医師は一人の離職者もなく、優秀な先輩獣医師達が第一線で活躍しています。

成長できる環境

GROWTH
GROWTH

成長できる環境

教育支援制度が充実

新人の基礎となる知識教育は各科でローテーションしながらサポートするため、全科幅広い知識が得られます。また、獣医師勉強会、症例検討会、書物の充実やセミナー・学会参加の支援など個々が自身で勉強できる環境を整えています。

実践環境

当院には、一般・予防診療から専門的で高度な診療まで、幅広い症例と手術が多数あります。知識だけでなく実践をたくさん経験することで、スキル習得のスピードは飛躍的に上がります。

キャリアアップイメージ

1年目は3ヶ月単位、2年目以降は年間単位で教育プログラムが組まれているため、新人でも効率的に知識・スキルを習得していけます。習得した知識・スキルに応じて対応範囲は広くなり、着実にキャリアアップが可能です。

働きやすい環境

BENEFIT

働きやすい環境

社会保険完備

年2回の賞与制度

(入社6ヶ月を経過した正社員のみ)

年次有給休暇
10~20日

通勤 / 家賃手当

扶養家族手当

キャリアアップ
イメージ

CAREER

キャリアアップ
イメージ

実践内容
習得スキル
キャリアパス
1年目

基礎的な身体チェックや入院管理を通して基礎的な知識を学びます。最初は正確な保定法を習得することから始まります。保定を通して先輩獣医師が行っている超音波検査や処置を見て学ぶ時期です。採血・注射・静脈留置の設置などの基礎的な技術の習得もしていきます。特に入院動物を通じて学ぶ事は多く動物の状態確認や病態生理、投薬をとうして薬理に関しても学んでいきます。

身体検査 / 採便 / 採尿(※超音波を使用した穿刺によるため習熟度に応じる) / 採血、注射(皮下、静脈など) / 静脈留置確保 / 血液検査 / 尿検査 / 糞便検査 / X-線検査 / 手術補助(麻酔や助手は含まない) / 電子カルテの操作

病院業務の全体像を理解する。動物(犬・猫)の身体検査ができる。採血、静脈留置確保などの基礎技術が身に付く。検査技術が身に付く。各専門科の科長に付き診療補助、診療見学を通じて知識を高める。獣医師勉強会に参加し学術的知識を高める。超音波検査の技術練習をする(実技実習)

2年目

獣医師として基礎的な内容は全てこなします。明らかに専門性の高い外来(セカンドオピニオン含む)や重症の動物を除き一般外来をおこないます。手術は去勢手術・避妊手術全般をこなし、簡単な軟部外科から指導を受け執刀をおこないます(手術執刀を希望の獣医師の場合)。ローテーションで各科について専門的な知識を深めるとともに、自身が専門性を深めたい内容は病院の補助で外部の教育機関で実習をおこなう事が可能です。超音波を用いた腹腔穿刺や胸腔穿刺(腫瘤やリンパ節など)、胸水抜去などの高い技術力を求められる処置も行います。

一般診療外来全般の診察 / 検査全般(技術を必用とする検査も含む) / 腹腔穿刺・胸腔穿刺によりFNA / 腹水抜去・胸水抜去 / 麻酔管理 / 去勢手術 / 避妊手術(補助無し) / 簡単な軟部外科手術(体表腫瘤切除、膀胱切開、胃切開、脾臓摘出、腸管切開)

獣医師として一般的な一般診察は全ておこなえる。やや難しい外来や入院症例を指導獣医師に確認しながら自分で解決できる。技術を必用とする検査や処置を自身でおこなうことができる。補助無しで去勢手術、避妊手術がこなせ、指導獣医師のもと補助簡単な軟部外科手術を執刀を経験していきます。

3年目

ほとんどの内容を一人でこなす実力が付いています。一部専門性の高い内容に関して各科と相談しながら治療をすすめていきます。麻酔管理も自身が指示をだしながら管理します。手術に関しても先輩獣医師の指導のもと習熟度に応じて執刀をしていきます。後輩獣医師の指導も行います。各々の希望にあったステップアップをしていく時期です。

2年目の内容からステップアップして対応範囲を拡げます。専門科のアドバイスを受けながらあらゆる症例に対応ができるレベルの知識が身に付いている。一般的な軟部外科手術のほとんどを主体となり執刀する。

習熟度に応じて各科の診療を担当します(科長に準じた仕事を行う)。管理監督者として後輩獣医師や看護師の育成にも携わり院内セミナーや専門学校(動物看護学部)の講義も一部担当します。

4年目

専門科を支えてチーム医療の中心として活躍します。ごく一部の専門科外来を除きセカンドオピニオンの診療にも対応します。ほぼ全ての一般外科手術は執刀します、また新人獣医師や外科看護師の育成も行います。難度の高い手術(腫瘍外科(肝臓、副腎など)、泌尿器外科(尿管)、開胸手術、整形外科、神経外科など)の第一助手を務めます。

全ての外来診療 / セカンドオピニオン(専門科診療を除く) / 一般的な外科手術全般

一般外来全般に加え、専門科外来(科長を任せられる事もあります)を行います。各種役職(主任、科長)に任命され獣医師・看護師の育成を担う。手術責任者(執刀医)として手術計画を立て外科チームを任命し実践する(外科手術は各チームごとに動き3件まで同時進行します)。

5年目

    内科・外科を含めた全ての獣医療を実践、管理監督する。科長を務める者は病院の医療レベルの向上に寄与し常にアップデートを行うため外部機関に在籍する場合が多い。実績に応じて副院長を含む要職に任命されます。

一般外来 / 専門外来 / 外科手術

高い専門的知識、技術

1年目
実践内容

去勢手術、避妊手術を執刀ではじめていきます(必ず補助がいる状態で)。担当医の指示を受けながら入院管理の基礎は一通りこなします。注射や点滴の準備もダブルチェックのもと自主的に行います。問診や動物のお返しを通じてオーナーとのコミュニケーション能力を高めます。十分な基礎知識がそなわれば簡単な予防(ワクチン・フィラリア検査など)から外来に出はじめます。補助として夜間救急診療に出はじめます。

習得
スキル

一般身体検査 / 検体検査全般 / 技術を必用とする検査(超音波検査やFNA・FNBなど) / 入院管理 / 電子カルテの操作 / 会計入力 / 各種同意書の記載方法の指示や内容説明 / 問診 / 麻酔準備(先輩に付いてもらい) / 犬・猫去勢手術 / 猫避妊手術

キャリア
パス

チーム医療の一員として業務連携ができる。病院業務の全体像を理解できており自身の判断で動けるようになる。手術関連業務の流れを理解する。麻酔薬の準備ができる(※指導獣医師のもと)、麻酔導入ができる(※指導獣医師のもと)、簡単な手術ができる、予防外来を指導獣医師に確認を取りながらおこなえる。

2年目
実践内容

獣医師として基礎的な内容は全てこなします。明らかに専門性の高い外来(セカンドオピニオン含む)や重症の動物を除き一般外来をおこないます。手術は去勢手術・避妊手術全般をこなし、簡単な軟部外科から指導を受け執刀をおこないます(手術執刀を希望の獣医師の場合)。ローテーションで各科について専門的な知識を深めるとともに、自身が専門性を深めたい内容は病院の補助で外部の教育機関で実習をおこなう事が可能です。超音波を用いた腹腔穿刺や胸腔穿刺(腫瘤やリンパ節など)、胸水抜去などの高い技術力を求められる処置も行います。

習得
スキル

一般診療外来全般の診察 / 検査全般(技術を必用とする検査も含む) / 腹腔穿刺・胸腔穿刺によりFNA / 腹水抜去・胸水抜去 / 麻酔管理 / 去勢手術 / 避妊手術(補助無し) / 簡単な軟部外科手術(体表腫瘤切除、膀胱切開、胃切開、脾臓摘出、腸管切開)

キャリア
パス

獣医師として一般的な一般診察は全ておこなえる。やや難しい外来や入院症例を指導獣医師に確認しながら自分で解決できる。技術を必用とする検査や処置を自身でおこなうことができる。補助無しで去勢手術、避妊手術がこなせ、指導獣医師のもと補助簡単な軟部外科手術を執刀を経験していきます。

3年目
実践内容

ほとんどの内容を一人でこなす実力が付いています。一部専門性の高い内容に関して各科と相談しながら治療をすすめていきます。麻酔管理も自身が指示をだしながら管理します。手術に関しても先輩獣医師の指導のもと習熟度に応じて執刀をしていきます。後輩獣医師の指導も行います。各々の希望にあったステップアップをしていく時期です。

習得
スキル

2年目の内容からステップアップして対応範囲を拡げます。専門科のアドバイスを受けながらあらゆる症例に対応ができるレベルの知識が身に付いている。一般的な軟部外科手術のほとんどを主体となり執刀する。

キャリア
パス

習熟度に応じて各科の診療を担当します(科長に準じた仕事を行う)。管理監督者として後輩獣医師や看護師の育成にも携わり院内セミナーや専門学校(動物看護学部)の講義も一部担当します。

4年目
実践内容

専門科を支えてチーム医療の中心として活躍します。ごく一部の専門科外来を除きセカンドオピニオンの診療にも対応します。ほぼ全ての一般外科手術は執刀します、また新人獣医師や外科看護師の育成も行います。難度の高い手術(腫瘍外科(肝臓、副腎など)、泌尿器外科(尿管)、開胸手術、整形外科、神経外科など)の第一助手を務めます。

習得
スキル

全ての外来診療 / セカンドオピニオン(専門科診療を除く) / 一般的な外科手術全般

キャリア
パス

一般外来全般に加え、専門科外来(科長を任せられる事もあります)を行います。各種役職(主任、科長)に任命され獣医師・看護師の育成を担う。手術責任者(執刀医)として手術計画を立て外科チームを任命し実践する(外科手術は各チームごとに動き3件まで同時進行します)。

5年目
実践内容

内科・外科を含めた全ての獣医療を実践、管理監督する。科長を務める者は病院の医療レベルの向上に寄与し常にアップデートを行うため外部機関に在籍する場合が多い。実績に応じて副院長を含む要職に任命されます。

習得
スキル

一般外来 / 専門外来 / 外科手術

キャリア
パス

高い専門的知識、技術

先輩インタビュー

INTERVIEW

先輩インタビュー

2021年入社

設備も人も
最高の成長環境がある

獣医師朝倉 倫

MORE

2019年入社

熱心な先輩獣医師と
成長できる環境

獣医師河畠 杏

MORE

ある1日の流れ

Flow
FLOW

ある1日の流れ

7:45

出勤

早番の獣医師は8:00〜の診療に備えて7:45分に出勤。入院動物の状態確認をします。(緊急性がある場合を除いて入院動物の処置は遅番8:45出勤の獣医師、看護師が行います。)

8:00

午前診療

診療開始。遅番の獣医師も9:00〜診療開始。平行して入院管理を行います。

12:00

CT検査、外科手術

CT検査や外科手術を順次開始(外来状況をみて)。その他、歯科処置、抗癌剤、鎮静・麻酔下での処置や検査をします。

12:00

休憩

休憩は12:00〜16:00の間で交代に1時間ずつ取ります。外来診療や手術予定を考慮して相談しながら休みをとるようにしています。

16:00

午後診療

午後診療をスタート。平行して入院管理を行います。

18:30

退勤

早番の獣医師は18:30退勤、遅番の獣医師は19:00最終受付の外来診療を終えて退勤します。

※水曜日の午後は外来診療はありません。時間のかかる大きな手術や各科スキルアップのため勉強会や実習をしたりもします。

※毎月一度土曜日の夜に獣医師勉強会・獣医師会議をおこないます。症例検討やアフターレクチャーをローテーションで実施します。また、新薬の共有や診療指針の変更等の共有をします。

募集要項

DESCRIPTION

募集要項

応募資格

獣医師免許を有している

雇用形態
正社員・有期契約社員・パート
勤務時間

正社員・有期契約社員: 
一部 7:45〜18:30 / 
二部 8:45〜19:30

パート: 勤務日数、時間、曜日など相談に応じます


<休憩>

労働時間が6時間以内:なし

労働時間が6時間以上8時間以内:45分以上

労働時間が8時間以上:60分以上

休日
正社員・有期契約社員:週休2日制
給与

正社員・有期契約社員: 月給280,000円〜

※経験者は経歴や資格等を踏まえ応相談

昇給
勤務態度、勤務実績で検討あり
その他
  • ・社会保険完備(健康保険、介護保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)
  • ・年次有給休暇は法廷通り入社6ヶ月経過後に付与
  • ・賞与あり(2回/年、入社6ヶ月を経過した正社員のみ)
  • ・昇給あり(1回/年)
  • ・通勤手当(〜800円/日まで、〜15,000円/月まで) ※役職により増額あり
  • ・家賃手当(〜20,000円/月まで) ※役職により増額あり
  • ・特別休暇あり(バースデー休暇、慶弔休暇、生理休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇など)
  • ・学会、セミナー費補助(原則全額)
  • ・大学研修費全額補助
  • ・正社員転換制度あり
  • ・社員割引(飼育動物の診療費・トリミング費用等)
病院公式サイト
働く環境
実習・採用の流れ
エントリー