診療科詳細(眼科) - 千葉seaside動物医療センター|習志野市津田沼の動物病院(千葉シーサイド)
消化器科

眼科

ophthalmology

診療科目のアイコン
眼科

犬、猫の眼科疾患は緊急性の高い疾患が多く早期な対応が必要です。また全身疾患と関連していることもあり全身状態をしっかりと捉える必要があります。当院では特殊な眼科検査のみならず、色々な角度から的確な眼科診療をご提供し動物の視力そして命を守ります。緊急性があると判断された場合にはできる限りその日に対応できるようにしておりますのでお気軽にご連絡ください。

眼科 科長
日下部浩之
眼科
丸山友里加
獣医師詳細はコチラ

このような症状はお早めにご相談ください

  • ・眼の充血(白目が赤い) 
  • ・黄色い眼脂
  • ・眼をしょぼつく
  • ・急に物が見えなくなった

検査内容

examination

一般眼科検査(視覚検査、眼圧検査、涙液量検査)

光への反応性や障害物を用いた歩行検査などで視覚の評価を行います。また眼圧計を用いた眼圧検査やシルマー試験紙を用いた涙液量検査を行います。

前眼部スリット検査

眼科で行う最も基本的な検査になります。スリット光という細い光で眼球の主に前の方(瞼、結膜、角膜、眼球内)を観察します。また特殊染色を行い角膜のキズを評価したり、隅角鏡というレンズを用いることで眼内の水の流れ道(隅角)を調べたり、とても多くの情報を得ることが出来る大切な眼科検査です。

眼底検査

網膜(眼の奥の神経の膜)の状態を観察します。網膜の厚み、網膜血管、視神経乳頭を評価することで網膜や視神経の異常の有無を評価します。

眼球超音波検査

主に眼の濁りなどで眼内が評価できない際に超音波を用いて眼内(角膜/前眼房/虹彩/毛様体/水晶体/硝子体/網膜/眼窩)を評価します。超音波検査により網膜剥離や白内障の程度、眼内腫瘍の有無などが評価できます。

網膜電図検査(ERG)

網膜に光を当てて刺激することにより発生する電気信号を計測することで、網膜視細胞を含む網膜機能を評価します。網膜の機能を客観的に数値化することでより正確に網膜の状態を評価できます。

CT検査

主に眼球突出の鑑別診断に用いる検査になります。眼球は眼窩という骨でできた空間に存在しています。眼窩の病気(炎症や腫瘍など)によって眼球が前方へ飛び出すことがあります。眼窩の病気を特定するには頭部CT検査が有用となります。

代表的な疾患

disease

白内障

水晶体が白濁することで視力障害を起こします。人の加齢性白内障とは違い犬は遺伝性白内障が多く比較的若齢で発症し進行が早いことが特徴です。

緑内障

眼圧上昇により網膜や視神経が障害され早期に失明に至ります。非常に緊急性が高く1-2日で失明に至ることも少なくありません。緑内障のサインを認めた際にはすぐに治療が必要になります。

角膜潰瘍

角膜の傷は多くの場合ドライアイが関連しています。。多くの場合は点眼治療で良化しますが治療開始が遅れると潰瘍が深くなり外科治療が必要になることも少なくありません。

ドライアイ

ドライアイは眼表面の乾燥により引き起こされる眼疾患の総称です。ドライアイの要因や治療方法は多岐にわたります。

ぶどう膜炎

眼球の中の炎症のことで、白内障などの眼疾患から起こる場合や全身疾患(感染症/免疫疾患/腫瘍性疾患)から2次的に起こる場合があります。

網膜剥離

眼球の内側にある網膜という膜が剥がれることで視力が低下する病気です。シーズー、イタリアングレーハウンド、トイプードルなどの好発犬種では自然発症することがあります。また白内障手術後の合併症(10%前後)として最も多く認められます。

瞬膜の病気

瞬膜腺が逸脱するチェリーアイや瞬膜突出などの病気があります。瞬膜突出には眼疾患、神経疾患、腫瘍性疾患(瞬膜や眼窩)などが原因として考えられます。

瞼の病気

瞼の炎症や瞼の腫瘍などの瞼のトラブルは角膜潰瘍や結膜炎などの眼表面の問題に直結します。

手術例

surgical example

白内障手術

緑内障手術

角膜疾患に対する手術

当院について
about us
診療のご案内
medical
採用情報
recruit
電話をかける
contact