〔眼科〕視神経炎 – 千葉seaside動物医療センター|習志野市津田沼の動物病院(千葉シーサイド)
fvイメージ

動物の病気について

animal diseases

  • [眼の病気]

    〔眼科〕視神経炎

     

    視神経炎は,視神経の炎症のことで急性の視覚障害を引き起こします.片眼に発症することもありますが,通常は両眼に発症します.

     

    【原因】

    ①感染症・・・犬ジステンパーウイルス感染症,クリプトコッカス,トキソプラズマ,FIPなど

    ②髄膜炎,髄膜脳炎

    ③眼球突出に伴う視神経障害

    ④腫瘍・・・髄膜腫のような視神経原発の腫瘍や,視神経に浸潤するような眼窩腫瘍

    ⑤特発性・・・いわゆる原因不明の視神経炎のことで,ほとんどは特発性視神経炎と診断される

     

    【症状】

    急性の視覚消失・・・見えづらい,ものぶつかる,動かないなど

    散瞳(瞳孔が開きっぱなしのこと)

    眼底検査の所見としては,下の写真のように視神経乳頭の浮腫,隆起,充血,周囲との境界が不明瞭などが挙げられます.
    視神経炎 ①

    【鑑別するべき病気】

    急性に視覚消失を引き起こす病気として,緑内障,網膜剥離,突発性後天性網膜変性症候群(SARDS)がありますが,眼圧検査や眼底検査を用いて鑑別することが出来ます.

     

    【視神経炎と診断したら?】

    視神経炎と診断したら,視神経炎を引き起こしている原因を特定する必要があります.

    視神経

    よって追加検査として,各種微生物の抗原抗体検査,PCR検査や頭部MRI検査,髄液検査が必要になってきます.海外の報告では,15頭の視神経炎の犬のうち8頭で頭部MRI検査で異常所見(造影剤で多発性に増強される病変部あり)が認められました.各種微生物検査(血清&髄液)は全てにおいて陰性でした.

     

    【治療と予後】

    全身的なステロイド治療が必要になることが多いです.早期に治療を開始した場合には,視覚を温存できる可能性はあります.

     

  • 当院について
    about us
    診療のご案内
    medical
    採用情報
    recruit
    電話をかける
    contact