〔眼科〕睫毛の異常 – 千葉seaside動物医療センター|習志野市津田沼の動物病院(千葉シーサイド)
fvイメージ

動物の病気について

animal diseases

  • [眼の病気]

    〔眼科〕睫毛の異常

    まぶたや睫毛の異常も眼のトラブルを引き起こします.睫毛の異常には①睫毛重生②異所性睫毛③睫毛乱生の3つがあります.

     

    【病態】

    ①睫毛重生・・・睫毛がマイボーム腺開口部から生えている状態のことで,多くの犬で認められますが,特にプードルやコッカースパニエルで目立ちます.生えている毛がソフトで特に刺激がなければ,臨床的に問題となることは少ないです.

     

    ②異所性睫毛・・・睫毛重生と同様にマイボーム腺から発生しますが,眼瞼結膜を突き抜けて角膜に向かって生えます.睫毛が角膜に垂直にあたることが多いので,角膜への刺激が問題となることが多いです.上眼瞼に一般的に認められます.

     

    ③睫毛乱生(逆さ睫毛)・・・正常な場所に生えている睫毛や皮膚の被毛が,角膜に接触している状態のことです.

    %e7%9d%ab%e6%af%9b%e3%81%ae%e7%95%b0%e5%b8%b8

     

    【症状】

    涙やけ,眼のしょぼつき,結膜充血,角膜上皮障害や潰瘍性角膜炎など

     

    【治療】

    臨床的に問題となるのは,異所性睫毛や睫毛重生です.睫毛を抜去しても毛根が存在すれば3週間程度で再度生えてきます.根本的な治療として当院ではN2Oガスを用いた毛根破壊や,手術による毛根除去を行っております.

     

    ▶︎▶︎睫毛重生に対して凍結治療を実施した例

    %e7%9d%ab%e6%af%9b%e9%87%8d%e7%94%9f%e3%80%80%e5%87%8d%e7%b5%90

     

    ▶︎▶︎異所性睫毛に対して毛根除去を実施した例

    %e7%95%b0%e6%89%80%e6%80%a7%e7%9d%ab%e6%af%9b%e3%80%80%e5%a4%96%e7%a7%91

     

     

  • 当院について
    about us
    診療のご案内
    medical
    採用情報
    recruit
    電話をかける
    contact