〔腫瘍科〕猫のリンパ腫 – 千葉seaside動物医療センター|習志野市津田沼の動物病院(千葉シーサイド)
fvイメージ

動物の病気について

animal diseases

  • [腫瘍]

    〔腫瘍科〕猫のリンパ腫

    リンパ腫は血液細胞の悪性腫瘍で,猫の腫瘍の中で最も発生率が多いです.また多くの悪性腫瘍は高齢に多くみられますが,リンパ腫は若齢から高齢まで幅広い年齢で発生します.

    一言でリンパ腫といっても,①解剖学的(発生した場所)②腫瘍化したリンパ球の分化度合い(低分化型 vs 高分化型)③リンパ球の種類(B-cell ,T-cell , NK-cell)によって分類され,そのタイプによって臨床的挙動は変わります.

     

     

    【症状】

    リンパ腫は全身疾患であり,様々な部位に発生するため症状も多様です.

     タイプ 発生部位 症状
    消化器型リンパ腫  胃,腸,腸間膜リンパ節など 嘔吐,下痢,食欲低下,体重減少
    縦隔型リンパ腫  胸腺,縦隔部,胸骨部リンパ節 呼吸があらい,開口呼吸
     多中心型リンパ腫  体表リンパ節±腹部臓器  頭頸部のリンパ節の腫大
     鼻腔内リンパ腫  鼻腔内  鼻汁,呼吸困難,鼻出血,いびき,顔面変形
     腎臓型リンパ腫  腎臓  腎不全症状(多飲・多尿,脱水など)
     脊髄のリンパ腫  脊髄  後肢麻痺

     

    【治療と予後】

    治療は多剤併用化学療法です.多剤療法化学療法とは,作用機序の異なる抗がん剤を組み合わせる治療方法であり,①相乗作用が得られること,②腫瘍細胞の薬剤耐性を軽減する,③副作用が軽減できる,などが期待できます.

    多剤併用化学療法を行っても,犬に比べ反応性が悪いことが多く生存期間の中央値は平均7〜8カ月とされています.(無治療の場合は1カ月くらい)

    なかでも,①ステージやサブステージ(腫瘍の広がり),②解剖学的な発生部位,③治療に対する反応,④FeLV感染の有無によって予後が大きく左右されます.

  • 当院について
    about us
    診療のご案内
    medical
    採用情報
    recruit
    電話をかける
    contact