〔眼科〕犬の潰瘍性角膜炎 – 千葉seaside動物医療センター|習志野市津田沼の動物病院(千葉シーサイド)
fvイメージ

動物の病気について

animal diseases

  • [眼の病気]

    〔眼科〕犬の潰瘍性角膜炎

     【角膜潰瘍と診断したら・・・】

    ①角膜潰瘍の原因 ②潰瘍の深さ ③感染の有無 を評価します.

     

    ① 角膜潰瘍の原因は,大きく内因性と外因性に分類されます.

    内因性として,涙液異常(涙液減少症,涙液膜異常など),まぶたの異常(異所性睫毛,眼

    瞼内反症,眼瞼腫瘍など),神経麻痺(第5,7脳神経異常)などが挙げられます.

    外因性としては,外傷,異物,猫に特有のヘルペスウイルス感染症などが挙げられます.

     

    ② 次に,潰瘍の深さを評価します.

    角膜は,角膜上皮層,角膜実質層,デスメ膜,角膜内皮細胞の4層から構成され,

    角膜の傷の深さによって,GradeⅠ〜Ⅲに分類します.

    GradeⅠは角膜上皮層,GradeⅡは角膜実質層,GradeⅢはデスメ膜あるいは角膜穿孔に至

    った状態をさします.

    潰瘍①   潰瘍②

     

    ③ 次に感染の有無を評価します.

    角膜潰瘍が存在する場合には,細菌などの感染の有無を評価することが非常に大切です.

    角膜に感染があると急速に角膜融解が起こるため,早期に適切な抗生剤を使用する必要が

    あります.

    角膜潰瘍 角膜細胞診

     

     

    【角膜潰瘍の治療は・・・】

    上記の分類により,角膜潰瘍の治療方針をたてていきます.

    感染(主に細菌感染)が+の場合には,積極的な抗生剤点眼,場合によっては抗生剤の全身投与を行います.

    感染が落ち着いたところで,傷の修復をサポートする治療を考えていきます.潰瘍病変が浅い場合には,点眼治療(ヒアルロン酸ナトリウム)やコンタクトレンズ装着などを行います.傷の深さによっては,点眼治療で角膜の再生を待てない場合もあります.その場合には,眼瞼縫合や結膜被覆,角膜移植を行う必要があります.

    最後に,角膜潰瘍の原因に対する治療(涙液異常に対する治療や,瞼の形成外科など)を行います.角膜潰瘍を再発させないためには,根本的な原因を解決することが大切です.

  • 当院について
    about us
    診療のご案内
    medical
    採用情報
    recruit
    電話をかける
    contact