〔眼科〕水晶体脱臼 – 千葉seaside動物医療センター|習志野市津田沼の動物病院(千葉シーサイド)
fvイメージ

動物の病気について

animal diseases

  • [眼の病気]

    〔眼科〕水晶体脱臼

    水晶体は,毛様体から延びる毛様小帯(チン小帯)という細い線維によって眼球内に固定されています.毛様体には毛様体筋があり,この筋肉が延びたり縮んだりすることで水晶体は厚みを変えピントを調節することができます.

    水晶体脱臼は,この毛様小帯(チン小帯)が完全に断裂し水晶体が硝子体窩から偏位した状態のことです.水晶体脱臼には原発性と続発性の2つがあります.

    原発性水晶体脱臼

    ジャックラッセルテリア,ワイヤーフォックステリア,ブルテリアなどのテリア犬種に好発し,毛様小帯の脆弱化などが原因とされています.比較的若い年齢で発症し,ほとんどで両眼に認められます.

    続発性水晶体脱臼

    強膜裂傷などの外傷や,緑内障に伴う眼球拡張,白内障進行に伴う水晶体の膨化,ぶどう膜炎に伴う毛様小帯の変性などに起因して,毛様小帯の断裂が起こり脱臼に至ります.原発性水晶体脱臼と比べ,比較的高齢で,片眼性が多く,どの犬種でも起こります.

     

    【合併症】

    水晶体脱臼の位置

    水晶体前方脱臼

    水晶体の完全な前方脱臼(前房内脱臼)は急性で強い痛みを伴うことが多く,また早期に失明に至るなど,特に緊急性が高いです.角膜浮腫や続発緑内障が主な合併症です.

    角膜浮腫・・・水晶体が角膜内面にぶつかることで,角膜内皮障害が生じる

    続発緑内障・・・偏位した水晶体や前房内に逸脱した硝子体によって眼房水流出が阻害される

     

    水晶体後方脱臼

    水晶体が硝子体内へ落ちる状態のことで,前方脱臼に比べ重篤な合併症が少ないです.

     

    【治療】

    前方脱臼で視覚が残っている場合には,外科手術(脱臼している水晶体を除去+逸脱している硝子体の処理)が第一選択です.水晶体の後方脱臼や亜脱臼においては,内科治療で長期にわたって視覚を維持できるために,外科治療が最善なのか?内科治療(縮瞳剤で水晶体前方脱臼を防止)が最善なのか?は十分な検討が必要です.

     

     

     

     

  • 当院について
    about us
    診療のご案内
    medical
    採用情報
    recruit
    電話をかける
    contact