〔眼科〕まぶたに発生する腫瘍 – 千葉seaside動物医療センター|習志野市津田沼の動物病院(千葉シーサイド)
fvイメージ

動物の病気について

animal diseases

  • [眼の病気]

    〔眼科〕まぶたに発生する腫瘍

    眼瞼腫瘍はよく遭遇する疾患です.発生する腫瘍のタイプや悪性腫瘍の割合などは,犬と猫では全く異なります.

    ▶︎▶︎犬では,マイボーム腺腫,乳頭腫,良性メラノーマ,組織球腫などの良性腫瘍が多いです組織学的に悪性腫瘍と診断される割合は約20〜30%ですが,ほとんどは臨床的には良性の挙動を示します.眼瞼に発生する悪性腫瘍の約10%は局所浸潤性をもち,悪性黒色腫,基底細胞がん,扁平上皮癌,肥満細胞腫などが含まれます.

    犬の眼瞼腫瘍のほとんどは良性腫瘍であり生命に危険を及ぼすことは少ないですが,外科切除時に十分なサージカルマージンを確保しなければ局所再発する可能性があります.

     

     

    ▶︎▶︎猫では犬とは対照的に,眼瞼に発生する腫瘍はほとんどが悪性腫瘍です.扁平上皮癌,肥満細胞腫,線維肉腫,腺癌,基底細胞がん,悪性黒色腫,血管肉腫などの発生が報告されています.

    猫の眼瞼腫瘍はほとんどが悪性腫瘍であり生命に危険を及ぼす可能性があるため,より積極的な広範囲切除が必要になります.また外科的切除後に凍結治療や放射線療法,化学療法を組み合わせることもあります.

     

     

  • 当院について
    about us
    診療のご案内
    medical
    採用情報
    recruit
    電話をかける
    contact