千葉シーサイド動物病院

神経科Neurosurgery

診療内容

当院では神経疾患における専門的な検査、診断、治療を行なっております。
それらに基づき、内科、外科、リハビリなどの治療方針を提案致します。

神経疾患の特性上、症状の様子を詳細に問診致します。また、検査や診断に時間を要することが予想されます。
当院では原則予約診療は行なっておりませんが、神経科の初診を希望される方は日時をご相談ください。
発作時やふらついている時などの動画、写真は診断に大きく貢献します。お持ちの場合は是非診察時に担当医にお見せください。
※すでに治療を行なっている方は、現在処方されている詳細(薬の名前、用量など)がわかるものを必ずご持参ください。

このような症状があれば早めにご相談下さい。

  • 発作が起きた
  • ふらつく、歩き方、動き方がおかしい
  • 急に歩けなくなった
  • 頭が傾く、眼が揺れている
  • どこかを痛がる
  • 表情、性格、行動が変わった

検査について

  • MDB
  • MDB
    身体検査、一般血液検査、胸腹部レントゲン、尿検査を行い神経疾患以外の異常が無いかを調べます。
  • 神経学的検査
  • 神経学的検査
    神経機能の異常がどこにあるかを特定する非常に重要な検査です。麻酔の必要は無く体の負担はありません。
  • 整形学的検査
  • 整形学的検査
    骨、関節、靭帯、腱の評価を触診により行います。整形疾患との鑑別は重要であり、症例によっては整形外科の受診が必要なこともあります。
  • 超音波検査
  • 超音波検査
    心臓、腹部の評価とRI(抵抗係数)測定を行います。これらは診断や治療方針の決定の一助になります。
  • MRI、CT検査
  • MRI、CT検査
    全身麻酔下で頭蓋内、脊髄などの精査を行います。疑う病気によってはこれらが必要になります。近隣の施設、もしくは大学病院に依頼します。
  • 脳脊髄液検査
  • 脳脊髄液検査
    全身麻酔下で脳脊髄液を採取し検査します。他の検査結果と合わせて評価し、診断のために有用です。
  • 電気生理学的検査
  • 電気生理学的検査
    全身麻酔下でより局所的な機能評価を行います。特別な機器が必要なため対応可能な病院を紹介致します。
  • 追加検査
  • 追加検査
    院内では測定することの出来ない検査項目は外注依頼致します。

犬・猫でよく見られる神経疾患

  • 発作
  • 発作
    発作の診断はどんな検査よりも問診と動画によって下されます。発作と言えばけいれん発作を一番に連想しますが、他にも様々な種類があり、原因も異なることがあります。これは発作なのか?と疑問をお持ちの方も是非ご相談ください。また、薬を飲んでいるにも関わらず発作のコントロールができていない方もご相談ください。
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板ヘルニア
    椎間板の変性性疾患の一つです。椎間板物質などが脊髄を圧迫してしまう病気で若齢でも起こります。ヘルニアのタイプや重症度によって症状や経過は様々で、治療方針は一つだけではありません。足の動きや歩き方に違和感を感じたらすぐに受診されることをお勧めします。
  • 脊髄空洞症
  • 脊髄空洞症
    脊髄に空洞あるいは腔が出来てしまう疾患です。日本ではトイ種などの小型犬やキャバリアでよく認められます。知覚過敏、感覚異常、突然吠える、触れていないのに掻き始めると言った症状が見られ、多くはありませんが四肢にふらつきなどの神経症状が出ることもあります。お心当たりのある方はご相談ください。
  • 水頭症
  • 水頭症
    頭蓋内の脳室が異常に拡大する疾患です。先天性水頭症は、日本では小型犬の短頭種やトイ種でよく見られ、神経徴候は生後数ヵ月齢から見られます。根底に他の原因疾患があり、二次的に水頭症になることもあります。しかし脳室の拡大が見られても必ず神経徴候が見られる訳ではありません。治療方針は一通りでは無いため総合的な判断が必要です。
  • 脳/脊髄/末梢神経腫瘍
  • 脳/脊髄/末梢神経腫瘍
    近年の獣医学領域での画像診断の発展により診断される機会が増えてきました。発生部位や種類により神経徴候や進行速度、治療方針及び予後は大きく異なります。腫瘍に対する治療は外科、放射線、内科(抗がん剤含む)が挙げられます。発作などの神経徴候が見られる場合はそれに対する投薬も必要になりますので、治療プランは多岐に及びます。
  • 水頭症
  • 眼振/捻転斜頚
    前庭疾患の代表的な神経徴候です。急に発症することもあります。原因は様々ですが、MRIでも診断がつかない場合もあります。眼がずっと揺れている、頭がどちらかに傾いていることが見られましたらご相談ください。
  • 問題行動
  • 問題行動
    飼い主が困る、迷惑だと思う動物の行動を問題行動と言います。問題行動はしつけの問題だから・・・と飼い主さんが考えている方が少なくないことも確かです。それらがどのような時に起こるかを明確にし、一つずつ解決できればと思います。しかし、問題行動の原因はしつけや飼育環境の問題のみならず、神経病が根本にあることも決して少なくありません。必要な場合は精査、治療を提案させて頂きます。行動学のより詳しい診療、治療が必要と思われる症例は二次診療施設をご提案させていただきます。
千葉シーサイド動物病院
Tel.047-407-0027

診療時間

午前 9:00~12:00
手術 12:00~15:00
午後 15:00~19:00
夜間救急対応 20:00~23:00

対象動物
犬、猫

アクセス

〒275-0016
習志野市津田沼3-10-13
グレースK津田沼1-A