千葉シーサイド動物病院

眼科Ophthalmology

診療内容

当院では、眼科の専門的な検査・診断・治療を行っております。

当院は予約制ではありませんので、受付された順番での診察になります。

かかりつけの主治医様からのご紹介の場合は、診察の結果や治療方針についてお電話でご報告します。また後日、眼科診療報告書を作成しお送りします。

このような症状があれば早めにご相談下さい。

  • 目が赤い
  • 目をしょぼしょぼしている
  • 物にぶつかる
  • 涙・目やにが多い
  • 目が白くなってきた
  • 目にできものがある

検査について

  • 視覚経路の検査
  • 視覚経路の検査
    視覚経路・反射経路の評価を行います。
  • スリット検査
  • スリット検査
    眼球を拡大しながら眼の表面から順番に観察していきます。
  • シルマー試験
  • シルマー試験
    涙液量の評価を行います。
  • 眼圧検査
  • 眼圧検査
    緑内障の評価を行います。
  • 眼底検査
  • 眼底検査
    網膜の評価を行います。
  • 超音波検査
  • 超音波検査
    眼球内部の評価を行います。

犬・猫でみられる眼の病気

  • 涙液の病気
  • 涙液の病気
    ドライアイは涙液(なみだ)の分泌が減少したり涙液の安定性が悪いことで生じます。
    また、流涙症(なみだ焼け)もドライアイを引きおこす病気のひとつです。
  • まぶたの病気
  • まぶたの病気
    まぶたには沢山の機能があり、眼球を保護しています。眼科検査において、まぶたの検査は必要不可欠です。
  • 角膜潰瘍
  • 角膜潰瘍
    角膜潰瘍は代表的な眼の病気です。
    傷の原因や角膜の傷の深さによって治療方法が異なります。
  • ぶどう膜炎
  • ぶどう膜炎
    ぶどう膜炎とは、眼内炎症のことで、その原因は多岐にわたります。
    その中でも全身疾患(リンパ腫や免疫疾患など)からぶどう膜炎になるケースも少なくないため、十分な検査が必要です。
  • 緑内障
  • 緑内障
    緑内障は短期間で失明に至る緊急疾患です。視覚の有無で治療法が異なり、当院では内科治療(点眼治療)、外科治療(隅角インプラント術、義眼手術)にも対応しております。
  • 白内障
  • 白内障
    人と同様に犬でも白内障が起こりますが、犬の白内障の多くは若齢で急激に進行する遺伝性白内障です。
    治療には白内障手術が必要です。
  • 網膜の病気
  • 網膜の病気
    網膜は眼球内に入った情報を脳に伝える重要な組織です。視覚が低下している場合には、網膜の状態を調べる必要があります。
千葉シーサイド動物病院
Tel.047-407-0027

診療時間

午前 9:00~12:00
手術 12:00~15:00
午後 15:00~19:00
夜間救急対応 20:00~23:00

対象動物
犬、猫

アクセス

〒275-0016
習志野市津田沼3-10-13
グレースK津田沼1-A