千葉シーサイド動物病院

腫瘍
  1. ホーム
  2.  » 動物の病気について
  3.  » 腫瘍

〔腫瘍科〕犬のリンパ腫の治療

  • 2015年10月15日

低分化型(高悪性度)リンパ腫は,現在の抗がん剤治療では“根治”させることは極めて難しく,

続きを読む

〔腫瘍科〕組織球肉腫

  • 2015年10月10日

組織球は骨髄の造血幹細胞に由来する細胞であり,表皮ランゲルハンス細胞,間質樹状細胞,マクロファージが含まれます.組織球系腫瘍には,皮膚組織球腫,組織球肉腫(限局性,播種性),血球貪食性組織球肉腫があり,それぞれ腫瘍化する細胞が異なります.

組織球増殖性疾患には,下の表に示すように大きく5種類に分類されます.同じ組織球由来にも関わらず経過,治療,予後が全く異なります.

続きを読む

〔腫瘍科〕軟部組織肉腫

  • 2015年10月2日

軟部組織肉腫とは皮下に発生する非上皮系腫瘍のグループで,血管周皮腫,神経鞘腫,線維肉腫などを含みます.これらの腫瘍グループは以下の類似した特徴を有するため,軟部組織肉腫という総称で呼ばれます.

続きを読む

〔腫瘍科〕犬の肛門嚢腺癌(肛門嚢アポクリン腺癌)

  • 2015年10月1日

【肛門嚢とは?】

犬,猫の肛門付近には左右2つの小さな袋状の器官があります.肛門を中心として4時と8時の位置で内肛門括約筋と外肛門括約筋の間に存在し,袋内部にある分泌腺(犬では主にアポクリン腺,猫ではアポクリン腺と皮脂腺)からの分泌物を貯留しています.

正常の肛門嚢貯留液にはアポクリン腺と皮脂腺の分泌物,および脱落上皮や細菌が含まれています.貯留液の色調は褐色,灰色,または淡黄色とされ,濃度は液性〜ペースト状まで様々で通常は貯留時間の経過とともに粘稠性が増加します.

&nbsp…

続きを読む

〔腫瘍科〕肛門周囲腺腫

  • 2015年10月1日

犬の肛門周囲に発生する腫瘍には,良性腫瘍である肛門周囲腺腫,悪性腫瘍である肛門周囲腺癌,アポクリン腺癌があります.

続きを読む

〔腫瘍科〕四肢の骨肉腫

  • 2015年9月27日

骨肉腫とは,犬の骨から発生する悪性腫瘍の一種です.

骨肉腫は大型犬〜超大型犬に多くみられる腫瘍で,四肢の骨での発生が多くみられます.前肢,後肢の割合は2:1で,『肘より遠く,膝に近い』部位に好発するのが特徴です.

続きを読む

〔腫瘍科〕血管肉腫

  • 2015年8月19日

血管肉腫(HSA)は血管内皮細胞に由来する悪性度の高い腫瘍です.中齢〜高齢犬に発生し,ゴールデンレトリバー,ラブラドールレトリバー,ジャーマンシェパードが好発犬種として知られています.HSAが発生する原発部位として,脾臓,

続きを読む

〔腫瘍科〕犬の乳腺腫瘍

  • 2015年8月19日

犬の乳腺腫瘍は,女の子で最も多く認められる腫瘍で高齢(10〜11歳くらい)で起こります.

乳腺腫瘍の発生は女性ホルモン依存性ですので,幼いうちに避妊手術をすることで,乳腺腫瘍の発生を減らすことが可能です.犬の乳腺腫瘍は良性腫瘍の方が多く,早期の手術で根治す…

続きを読む

〔腫瘍科〕猫の乳腺腫瘍

  • 2015年7月29日

猫の乳腺腫瘍の80〜90%が悪性で,犬と比べ非常に挙動が悪く,早期に発見・治療ができない場合には急速に所属リンパ節への浸潤や,肺などへの遠隔転移を起こします.

 

【診断】

触診で,乳頭周囲の乳腺組織に発生する腫瘤を確認します.猫の乳腺に発生する腫瘤のほとんどが悪性腫瘍です.ある報告では,猫の乳腺部に発生す…

続きを読む

1 2
千葉シーサイド動物病院
Tel.047-407-0027

診療時間

午前 9:00~12:00
手術 12:00~15:00
午後 15:00~19:30
夜間救急対応 20:00~23:00

対象動物
犬、猫

アクセス

〒275-0016
習志野市津田沼3-10-13
グレースK津田沼1-A