千葉シーサイド動物病院

腫瘍
  1. ホーム
  2.  » 動物の病気について
  3.  » 腫瘍

〔腫瘍科〕犬の胸壁腫瘍

  • 2017年4月8日

犬の胸壁に発生する腫瘍としては,肋骨や胸骨に発生する原発腫瘍と,他臓器からの転移性腫瘍が挙げられます.原発性腫瘍が主で,なかでも骨肉腫(OSA)が最も発生率が高く(28〜63%),次に軟骨肉腫(CSA)が二番目に多い(28〜35%)原発腫瘍…

続きを読む

〔腫瘍科〕メトロノーム化学療法とは?

  • 2017年1月11日

通常の化学療法は,がん細胞自体を標的とし,がんを縮小させることが主な目的です.よって動物が耐えうる最大量を投薬するため副作用が起こる可能性は常に考える必要があります…

続きを読む

〔腫瘍科〕猫の肥満細胞腫

  • 2016年10月3日

猫の肥満細胞腫(MCT)は,猫の全腫瘍の約2〜15%を占めており,解剖学的に皮膚型,脾臓/内臓型,腸管型に分類…

続きを読む

〔腫瘍科〕肥満細胞腫

  • 2016年10月1日

肥満細胞腫は犬の皮膚腫瘍では1番目に多く,猫では2番目に多い悪性腫瘍です.肥満細胞腫は切除のみで根治できるものから,早期に再発または遠隔転移を起こす致命的なものまであり,その生物学的挙動は極めて多様です.また,犬と猫の肥満細胞腫では挙動・治療方法・予後について大きな違いがあります.

 

続きを読む

〔腫瘍科〕膀胱の移行上皮癌

  • 2016年3月29日

膀胱の移行上皮癌は犬の悪性腫瘍のおよそ2%を占めます.膀胱三角部(尿管が膀胱に開口する付近)での発生が多く,膀胱粘膜における乳頭状病変または膀胱壁の肥厚としてみられます.多くの症例でリンパ節転移や肺転移(しばしば骨にも転移)が生じ,非常に予後の悪い腫瘍となっています.また腫瘍が尿管や尿道などに浸潤し尿路を塞ぐことで排尿困難や腎不全といった重篤な症状を引き起こし,死亡する原因となります.

 

【症状・診断】

初期の症状は、頻尿・血尿・し…

続きを読む

〔腫瘍科〕潜在精巣と精巣腫瘍

  • 2016年3月24日

【潜在精巣とは?】

犬の精巣下降は生後30日で完了すると言われており,生後2カ月齢以上になるとそれ以上精巣が下降しなくなります.よって生後2カ月までに陰嚢内に精巣が下降しないときには潜在精巣を疑います.

精巣が潜在している場所は,陰嚢前,鼠径部,腹腔内のいづれかになります.陰嚢前や鼠径部に存在している場合には,触診で診断することが可能ですが,見当たらない場合には超音波検査を用いて腹腔内を精査していきます.

 

【…

続きを読む

〔腫瘍科〕腎臓腫瘍

  • 2016年3月23日

犬における腎臓腫瘍は,多くが悪性腫瘍で腎腺癌(腎細胞癌,腎癌)が最も多く,次いで多いのは移行上皮癌です.腎腺癌と移行上皮癌を合わせると,腎臓に発生する悪性腫瘍の約60〜70%を占めます.腎臓における癌腫はまれに両側に発生する場合もありますが,通常は片側性です.腎臓の悪性腫瘍は,高率にリンパ節転移や肝臓や肺などに遠隔転移します.

 

【治療】

続きを読む

〔腫瘍科〕犬の甲状腺腫瘍

  • 2015年10月25日

犬の甲状腺腫瘍は9〜11歳の高齢犬に多く,ゴールデンレトリバー,ビーグル,ボクサー,シベリアンハスキーなどが好発犬種に挙げられます.

発生率は全腫瘍の1.1〜3.8%と低いです.

甲状腺腫瘍はほとんどが悪性腫瘍である甲状腺癌

続きを読む

〔腫瘍科〕猫の消化器型リンパ腫 / 高悪性度

  • 2015年10月23日

猫の胃腸管のリンパ腫は,猫のリンパ腫のなかでも最も多く認められるタイプで,中齢〜高齢(中央値12歳)で発生することが一般的です.

臨床症状は様々ですが,消化管が病変部なのでほとんどの患者において体重減少,嘔吐,下痢,元気食欲低下などの消化器症状を認めます.

 

【診断】

続きを読む

〔腫瘍科〕猫のリンパ腫

  • 2015年10月22日

リンパ腫は血液細胞の悪性腫瘍で,猫の腫瘍の中で最も発生率が多いです.また多くの悪性腫瘍は高齢に多くみられますが,リンパ腫は若齢から高齢まで幅広い年齢で発生します.

一言でリンパ腫といっても,①解剖学的(発生した場所),②腫瘍化したリンパ球の分化度合い(低分化型 vs 高分化型),③リンパ球の種類(B-cell …

続きを読む

1 2
千葉シーサイド動物病院
Tel.047-407-0027

診療時間

午前 9:00~12:00
手術 12:00~15:00
午後 15:00~19:30
夜間救急対応 20:00~23:00

対象動物
犬、猫

アクセス

〒275-0016
習志野市津田沼3-10-13
グレースK津田沼1-A